スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
被災地から学ぶツアー第2弾
2012 / 02 / 02 ( Thu )
1月28・29日(土日)

今回は“被災地から学ぶ”ツアー第2弾として

気仙沼市にあるホテル望洋さんにお邪魔しました。



ここホテル望洋は

震災当日より地元の方々をホテルに受け入れ、避難所になっていた場所です。

津波の被害は無かったのですが地震の被害も大きく、

一般のお客様を受け入れられる状態に出来ないだろうと

一度はホテル業再開をあきらめたとの話も聞きました。

しかし震災後に入ったボランティアの人たちの協力と

社長様奥様の努力で、現在は復興関係者やボランティアの受け入れなどで

ホテルを再開しています。
DSCN0079_convert_20120202102106.jpg

さてチーム東松山のメンバー18名は土曜日の朝7時に東松山駅を出発!

気仙沼到着はほぼ予定通り午後2時となりました。

出迎えていただいたのは

現地で活動をつづけている“底上げJAPAN”の皆さん

阿部さん、齋藤さん、成宮さんの3名と

被災者で仮設住宅の自治会作りや、現地ボランティアまた語り部として活躍している

菊田さんです。

さっそく菊田さんの案内で気仙沼の視察です。
DSCN0017_convert_20120202104847.jpg
まず訪れたJR大船渡線の鹿折唐桑駅です。
CIMG0963_convert_20120202104912.jpg
中央で説明して頂いている方が菊田さん
DSCN0018_convert_20120202104956.jpg
駅前に打上げられた船!バスと比べて大きさが分ると思います。
CIMG0966_convert_20120202110133.jpg
CIMG0967_convert_20120202110204.jpg
CIMG0970_convert_20120202110310.jpg
駅の回りも津波で今は何も無くなっています。
CIMG0971_convert_20120202110233.jpg
やっぱり気仙沼は寒いです


この後伺ったのがNHKでも紹介された気仙沼で1軒のお風呂屋さん“亀の湯”

その道中の気仙沼の様子です。
DSCN0028_convert_20120202111530.jpg
DSCN0030_convert_20120202112004.jpg
DSCN0033_convert_20120202112040.jpg
DSCN0038_convert_20120202112139.jpg
焼け爛れた歩道橋。撤去がされていない船など、10ヶ月経ってもこの状況です。

DSCN0042_convert_20120202112641.jpg
亀の湯です!緑の壁の部分が津波が通り抜けた部分だそうです。
DSCN0043_convert_20120202112729.jpg
ボランティアによって、綺麗になった浴槽。ここは全国の船乗りが必ず訪れる“癒しの場”でした。
DSCN0049_convert_20120202112811.jpg
DSCN0050_convert_20120202113030.jpg
亀の湯の旦那さんのお話を聞きました。旦那さんもまさかここまで大きな津波が来るとは思っていなかったそうです。
DSCN0046_convert_20120202112854.jpg
12月まで大阪の池田市より仮設風呂が設置してあったそうです。
その時のものでしょうか、気仙沼青年会議所と池田青年会議所の、のぼりがありました。
DSCN0051_convert_20120202112937.jpg

亀の湯は今後再開に向かうそうです!その時はぜひお風呂に入りに来たいですね!!!

DSCN0061_convert_20120202122250.jpg
DSCN0062_convert_20120202122329.jpg
DSCN0063_convert_20120202122405.jpg
つぎの視察は菊田さんの自宅付近です。
DSCN0064_convert_20120202122752.jpg
そして到着したのがボランティアの活動拠点にもなっている“さかなの駅”です。
CIMG0977_convert_20120202122916.jpg
DSCN0068_convert_20120202123158.jpg
ここの会議室をお借りしてお話を伺いました。

菊田さんの自宅は残ってはいたものの、1階部分に車が入ってしまった為取り壊したそうです。

奥様とは避難所で再会できたのですが、ご両親はお亡くなりになったそうです。

上の写真はその時に配って頂いた資料です。被災された菊田さんの気持ちが伝わってきます。

DSCN0071_convert_20120202123823.jpg
今晩は仮設商店街で食事です。
DSCN0073_convert_20120202123901.jpg
このスナックもテレビで取り上げられていました。元気に営業中です!
DSCN0075_convert_20120202124001.jpg
DSCN0074_convert_20120202124034.jpg
居酒屋まるきんさんの“まるきん焼き”とろろが混ざったお好み焼き?絶妙でした!
DSCN0076_convert_20120202124109.jpg
炊き出しをしていたのでしょう!ボランティアの写真がありました。

ここで気仙沼での視察は終了。

ホテル望洋にて底上げJAPANのメンバーから活動報告をお聞きしました。
CIMG0999_convert_20120202124959.jpg
CIMG1000_convert_20120202124918.jpg
そしておなじみになりました!ざっくばらんな懇親会
CIMG0989_convert_20120202125255.jpg
CIMG0990_convert_20120202125339.jpg
CIMG0991_convert_20120202125437.jpg
被災地の話、支援の話、今回はTV関係、役所関係、学校関係の方が参加したので話もつきません!
名〇屋さん、山〇さんいつもありがとうございます!
DSCN0083_convert_20120202125520.jpg
あ~名前忘れた~(^^iii なんでもサメの心臓?だそうです!


・・・・・・・・・・・・本日終了


2日目(29日日曜日)

朝から晴天に恵まれ、朝7時ホテル望洋出発!
DSCN0089_convert_20120202141058.jpg
ホテルに底上げJAPANの、のれんがありました。
DSCN0090_convert_20120202141150.jpg
ホテル望洋カウンターです。

まず向ったのが南三陸町

国道45号線は対向車さえ少なく道はガラガラ

予定よりも早く到着しました。
DSCN0100_convert_20120202141540.jpg
ここ南三陸町もまだまだです。海側にはガレキの山が出来ています。
CIMG1012_convert_20120202141455.jpg
DSCN0101_convert_20120202141625.jpg
防災庁舎前で皆さんそれぞれが手を合わせました。

次は石巻の猟師さんからお話を伺うため十三浜へ
CIMG1016_convert_20120202142602.jpg
CIMG1022_convert_20120202142718.jpg
震災当日、津波を避けるために皆さん船で海に出たそうです。
あまりのガレキの多さに陸に近づく事が出来ず、一晩船で過ごしたそうです。
CIMG1034_convert_20120202142949.jpg
CIMG1036_convert_20120202142819.jpg
まさか戻ってきた地元がこんな酷い事になっているとは思えなかったそうです。
DSCN0105_convert_20120202142921.jpg
本当に綺麗なところです。
こんぶやわかめの養殖はもう始まっているとの事
解禁日にはあわびも取れるそうです!つぎはぜひあわびを頂きたいですね~

つぎに大川小学校を視察
(何回来ても辛い場所。今回は写真を取りませんでした)

東松島に到着
CIMG1042_convert_20120202144111.jpg
野蒜小学校で伊藤さん、イート君と合流。東松島の案内はお二人にして頂きます。
CIMG1046_convert_20120202144150.jpg
野蒜小学校体育館の祭壇に手を合わせた後、野蒜地区の説明をしていただきました。
DSCN0107_convert_20120202144343.jpg
現在の野蒜地区です。
DSCN0114_convert_20120202145103.jpg
JR仙石線野蒜駅です。
DSCN0111_convert_20120202144436.jpg
東名運河は全面凍りついていました。

大曲地区です。
CIMG1053_convert_20120202144253.jpg
DSCN0115_convert_20120202144527.jpg
DSCN0116_convert_20120202144611.jpg
この船もいよいよ撤去されるそうです。

被災後、お店を再開されたお菓子屋さんにやってきました。
CIMG1055_convert_20120202145648.jpg
DSCN0122_convert_20120202145746.jpg
おいしそう!!!

DSCN0125_convert_20120202164022.jpg
今回もお昼ご飯にスマイルダイニングさんのお弁当を頂きました!

2日間の学ぶツアーも無事終了

参加いただきました皆さん本当に寒い中ありがとうございました。
DSCN0093_convert_20120202164942.jpg

内容の充実した学ぶツアーでした。

ぜひまだ現地には行っていない方、2月も企画いたします。この機会にいかがでしょうか?

皆様の参加お待ちしています。

またご意見やご要望などありましたら

チーム東松山:E-mail:team_hm@hiki.tv

までぜひお聞かせください。よろしくお願いしますm(--)m




番外編
DSCN0095_convert_20120202165548.jpg
南三陸町のキャンピングカー元気に活躍中!!!
DSCN0126_convert_20120202165733.jpg
道中の東北道。福島あたりが一番雪が降っています。
DSCN0130_convert_20120202165826.jpg
東松山駅到着!!!















スポンサーサイト
17 : 09 : 15 | チーム東松山について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
チーム東松山懇親会
2012 / 01 / 07 ( Sat )
謹んで新年のご挨拶申し上げます。

チーム東松山は2012年も被災地を応援するため、
活動を行っていきます。

さっそく1月も、バスツアーの募集が始まっている他、
今日7日は「げんきマルシェ」、
そして11日(水)には、3月11日を風化させたくないという想いから、
「キャンドルナイト」を東松山駅東口 駅前広場で開催いたします。

どうぞ、皆さまのご参加をよろしくお願いいたします。

さて、新しい年の初めの更新が、
昨年のお話になってしまって申し訳ないのですが
去る先月22日、まちカフェにて、チーム東松山の懇親会を行いました。

平日ということもあり、集まるのは大変かな?と思ったのですが、
さすが(?)チーム東松山。
次々とお仕事帰りに駆けつけて下さり、
気づけば座る場所もないほど(笑)
111222-1.jpg

「あんなことあったよね~」「あれは大変だったね~」など、
思い出話に花が咲きました。

アニキがモツ煮を作ってきてくれたり、
(ごめんなさい、写真撮り損ねました・・・)
Mさんがホルモン持ってきて焼いてくださったり、
美味しい物もいっぱい食べられて(笑)とても楽しい会となりました。

さてさて、そんな懇親会で、
とあるサプライズ企画を決行させていただきました。

日ごろお世話になっている会長と、
バスを運行してくださっている東松山交通のS社長に
感謝を込めて、プレゼントを贈ろう!というものです。

本来であれば、チーム東松山に関わっていただいた方々全員に
企画のご連絡をさせていただきたいところだったのですが、
何せメールマガジンを管理されているのが会長なので
今回は、懇親会に出席される方を中心に、メールアドレスがわかる方に
ご連絡をさせていただく形にさせていただきました。ご了承ください。

はてさて、会長にだけプレゼントがあると信じ込んでいる社長。
「ちゃんと挨拶してくださいね!」と念を押しておいたので
しっかり喋ってくださいました。もちろん酔ってますけど(笑)
111222-2.jpg

素晴らしい仲間と出会い、そしてたくさんの貴重な経験ができたのは、
会長がこの会を立ち上げてくださったからです。
本当にありがとうございます!
111222-3.jpg
111222-4.jpg
111222-5.jpg

会長からのお礼の挨拶を聞きつつ、
おそらく次に続く社長サプライズのことで、
みなさん内心ニヤニヤだったことでしょう(笑)
111222-6.jpg

そして、Aさんによって(Aさんありがとう!)
S社長にプレゼントが手渡されました!
111222-7.jpg

思えば、会長が東松山を活性化させたいと、
他のバス会社からのオファーもあったにも関わらず
東松山交通さんにお願いし、
また、実はかなり厳しい条件であったにも関わらず
S社長が採算度外視で引き受けて下さったから
今のチーム東松山の活動に繋がっています。
お二人がいたからこそのチーム東松山なのです。
111222-8.jpg

そして東松山交通の皆さんにも本当にお世話になりました。
左からS社長の奥様、S社長、運転手Mさん、運転手Iさん、会長。
111222-9.jpg

この二人、かなりベロベロに酔ってます(笑)
111222-10.jpg

感極まったようで、奥様泣いちゃった
111222-11.jpg
奥様もいつもありがとうございます(^^)

ということで、サプライズ企画に参加してくださった皆様、
ご協力どうもありがとうございました!
見事成功しましたことを、ここにご報告させていただきます。

最後はS隊長による手締めで会はお開きとなりました。
111222-12.jpg

今回残念ながら参加できなかった方もいらっしゃると思いますので、
また懇親会を開催できたらいいですね(^^)

それでは2012年もよろしくお願いします!
02 : 18 : 01 | チーム東松山について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
被災地支援の取り組み
2011 / 12 / 16 ( Fri )
ここのところ、ブログはバスツアー報告が多いですが、
チーム東松山の被災地支援の取り組みは
それだけではありません。

まずは「げんきマルシェ」。
毎月、第一土曜日に、ぼたん通りにある「ピオパーク」にて
物産販売などをさせていただいています。

今月は、3日に開催を予定していましたが、
諸事情により急遽中止となり、
翌日の4日(日曜日)に
東松山市保健センター西側駐車場で行われた
フリーマーケットにて、
東松島の物産を販売をさせていただきました。

hurima-1.jpg

hurima-2.jpg

急な変更だったため、あまり告知ができずに申し訳ありませんでした。
1月のげんきマルシェは7日(土)に開催予定です。
よろしくお願いします。

そして、もう一つ今回ご紹介したいのは、
土曜日に行われている
「mama sun(s) English」
です。

保育士であるS藤さんが、
「勉強と、被災地の支援を続けていく」ために、
行っている英語の勉強会です。

とは言っても、堅苦しいものではなく、
S藤さん自身も検定を受けるべくただいま奮闘中のため、
「一緒に勉強をするためのスペース」と思っていただけるといいかと思います

mamaenglish.jpg

私がお邪魔したこの日は、男の子が参加してくれていました。

参加費は45分で150円。
このお金は被災地支援の為に使われます。

ぼたん通りにある「まちカフェ」にて
午前9時~午後2時までオープンしています。
この時間であれば、いつでも、そしてどなたでもご参加いただけます。

また、S藤さんは保育士でもあるので、
育児に関する相談などでも
気軽にいらして欲しいそうです。

まれに、その他のイベントなどで開催していない場合もございますので、
詳しくは、まちカフェホームページをご覧になりお問い合わせいただけますようお願いします。

最後に、チーム東松山のバスツアーに参加されたみなさまにお知らせです。
メールマガジンでも配信しましたが、
22日に懇親会を行います。

スタートは18時を予定していますが、
会社帰りの方も多いと思いますので、
遅くなってからの途中参加でもOKです。
参加表明をしていただければ、来るまでいつまでも待っていますので(笑)
ぜひメールにて、出席のご連絡をお願いします。

最近はバスツアーに参加していない・・・という方でも大歓迎です!
たくさんの方にお会いしたいと思っていますので、
ぜひふるってご参加ください!
よろしくお願いします
02 : 49 : 53 | チーム東松山について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
埼玉ボランティアバス協議会発足
2011 / 07 / 26 ( Tue )
このたび、行田市に拠点を置くNPO法人キャンパーのご尽力により、埼玉ボランティアバス協議会が発足することになりました。東日本大震災から4ヶ月経過しましたが、被災地では今後も多くの支援の手が必要とされます。埼玉県においても、県内各地からボランティアバスの運行をはじめ、様々な支援活動が継続されていますが、当協議会では、復興支援ボランティアバスに関する情報交換や今後の連携等について話し合う予定です。

復興支援ボランティアバス等に関する連絡会議

日時 平成23年7月28日(木) 13:30~15:00

会場 埼玉県庁 職員会館2階 621会議室

東松山震災ボランティアの会も参加呼びかけ団体になっています。今後、県内各地からさらに被災地支援の輪が広がること期待しています。
08 : 30 : 07 | チーム東松山について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ツイッターも始めました。
2011 / 06 / 22 ( Wed )
ブログの開設とともに、ツイッターも始めました。

アカウントは@team_hmです。

こちらでは、私たちの活動についてリアルタイムでご報告したり、
被災地の生の声をお届けしたいと思っています。

また、当会のメンバーの皆さんには、
メンバー同士のコミュニケーションツールとして
使っていただくのもいいなとスタッフTKは感じておりますので、
まだ使ったことがないという方も、よろしければご参加ください。

フォローよろしくお願いします。
01 : 32 : 16 | チーム東松山について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。